旬の魚をおしゃれに味わう/愛されレシピ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

旬の魚をおしゃれに味わう/愛されレシピ

この記事をシェア

テーマ 旬の魚をおしゃれに味わう
桜が花盛りのころのマダイは、「桜鯛(さくらだい)」「花見鯛」と呼ばれます。刺し身やあら炊きなどさまざまな調理法で味わいましょう。今回はポワレと生春巻きを紹介します。

桜鯛のポワレ レモンバターソース
皮はこんがり、身はふっくら。バターの風味が効いています。

r1.jpg

材料(4人分)
桜鯛(切り身)…2切れ(約200グラム)
塩…2つまみ
小麦粉…小さじ1
無塩バター…30グラム
オリーブオイル…大さじ1
レモン果汁…小さじ1
黒こしょう…適量
ミニトマト…5個
ブラックオリーブ…10グラム
好みのハーブ
(ディル、タイムなど)…適量

作り方
(1) タイをキッチンペーパーで押さえて水分を拭き取り、塩で下味を付け小麦粉をまぶす。
(2) フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかける。
(3) (2)のフライパンに(1)のタイを皮目から入れ、押さえながら焼いて皮をパリパリに焼き上げる。
(4) 焼き色が付いたらひっくり返し、バターを入れ弱火にして、溶けたバターをかけながら火が通るまで焼く。
(5) 火を止め、レモン果汁を加えて黒こしょうを振り、皿に取り出す。
(6) くし形に切ったミニトマト、輪切りにしたブラックオリーブをフライパンに入れて強火で約1分炒め、(5)のタイに添えて好みのハーブを散らす。

もう一品 桜鯛の生春巻き
・材料
桜鯛の切り身、生春巻きの皮、ニンジン、菜の花、グリーンリーフなど
刺し身用の切り身を生春巻きにアレンジしましょう。タイと好みの具材を皮で包んで、スイートチリソースやドレッシングでお召し上がりください。
r2.jpg

教えてくれた人

野菜ソムリエ 日本野菜ソムリエ協会認定料理教室講師 峰 しのぶさん
みね・しのぶ 「おうちごはん教室」(広島市佐伯区)主宰。身近にある食材を使った実践的なレシピが好評。毎日の献立に役立つメニューを紹介している
ブログ「sweet+」http://diaryhalu.exblog.jp/

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧