つなぐ 代表取締役社長 川口 明憲さん/今週のキラリ人 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

つなぐ 代表取締役社長 川口 明憲さん/今週のキラリ人

この記事をシェア

つなぐ 代表取締役社長 川口 明憲さん

かわぐち・あきのり 茨城県出身。広島大大学院卒。岩国短大教授、トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校教務部長を経て、訪問介護の事業所「つなぐ」設立

最善の介護を提供 社員の待遇も手厚く
「利用者には最善の介護を、社員には最高の報酬を」。障害者や高齢者向けの訪問介護の事業所「つなぐ」(広島市西区)を経営する川口明憲さんはモットーを語る。
介護の対象は主に脳性まひや頸椎損傷などの障害がある人々。「人生の主役は自分自身。障害に関わりなく街中で自由に暮らしてほしい」と食事や外出を24時間体制でサポートする。南区の自社マンションでは1人暮らしを支援している。「別の施設で40年暮らした男性は、施設を退所した日に長らく味わえなかったビールを飲んで『天国じゃ』と叫びました。あの場面は忘れられません」と振り返る。
東区と西区ではサービス付き高齢者向け住宅を経営している。利用者の自由度は高く、介護が必要な人には個別に訪問介護を提供する。
もともと短大や専門学校で介護の教育に携わり、2007年にかつての教え子と会社を起こした。約70人の従業員の中で正社員が8割を占め、平均給与は年約400万円。離職者が少なく、社員が知識を深められる環境を整えた。「専門性の高い仕事には、それに見合う待遇が必要です。理想的なモデル事業をつくって、介護への認識を変えたい」と意気込む。

キラリと輝く三つのマイルール
★1 失敗をとがめない
★2 現状に満足しない
★3 課題の追求は最後まで

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧