段原の「粉もん」で元気チャージ/ぷちとりっぷ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

段原の「粉もん」で元気チャージ/ぷちとりっぷ

この記事をシェア

広島市南区段原で食べ歩き
「粉もん」で元気チャージ
日に日に暑さが増し食欲が落ちがちな時季です。今回は、広島市南区段原にある「粉もん」の店を紹介。手軽に味わえるパンやツルッと食べられるそば、ふっくら仕上げのお好み焼きで、元気をチャージしましょう。

1.jpg「ソーセージのドッグパン」(左上)や「広島県産レモンのコンポートとクリームチーズのパン」(左下)などバリエーション豊富
県産野菜たっぷりのパン
「Besoin(ブズワン)」は、フランスや大阪の人気店で修業を積んだ岡本泰さんが営むベーカリーです。店内には40~50種類のパンが並び、中でも広島県産の野菜や果物を使ったパンが人気です。「ソーセージのドッグパン」(290円)は、自家製トマトソースに季節の野菜がたっぷり。夏にはブルーベリーや桃を使ったパンも登場します。岡本さんは「今年から広島県北広島町で小麦の栽培を始めました。うまくいけば自家製小麦粉を使ったパンを作りたいですね」とほほ笑みます。

2.jpg

Besoin
広島市南区段原南1-2-16
営業時間/7:30~18:00
定休日/水、木曜
082-207-0750

4.jpgせいろそば(800円)
自家製粉 香り高いそば
「蕎麦きり 吟」では、店主の前田良孝さんが打った十割そばを提供しています。そば粉は、埼玉県や茨城県などの農家から玄ソバ(殻付きの実)を直接仕入れ、店内で殻をむいて石臼でひいた自家製粉。「手間は掛かりますが、粉の状態で仕入れるより鮮度が良く、ソバ本来の香りと味が堪能できます」と前田さん。ゆでた後はすぐに風味が落ちるため、できるだけ早めに食べましょう。

5.jpg
蕎麦きり 吟
広島市南区段原1-7-18
営業時間/11:30~14:30(LO14:00)、17:30~20:30(LO20:00)
定休日/水曜
082-236-3269

6.jpg蒸し麺で焼き上がりふっくら
「お好みハウス のんのん」は、平日は地元の人たちが、週末には県外客が多く訪れる人気お好み焼き店です。店長の相原誠さんが、昔ながらの袋入り蒸し麺を使い、ふっくら焼き上げています。お薦めは「のんのんデラックス」(850円)。国産豚肉を通常の2倍の4枚載せ、いか天でうま味を出しています。卵は薄焼きか、とろとろの半熟のどちらかを選べるのもうれしいポイントです。

お好みハウス のんのん
広島市南区段原南2-12-5
営業時間/11:00~LO14:00、17:00~LO20:00
定休日/月曜
082-261-4109

 

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧