魚介の煮込み料理/季節のレシピ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

魚介の煮込み料理/季節のレシピ

この記事をシェア

夏にぴったり! 魚介の煮込み料理
数種類の魚介を使った南仏・プロバンス地方の代表的な煮込み料理。今回は、家庭でも気軽にできるレシピと、次の日にお薦めのアレンジメニューを紹介します。
_DSC4736.jpgみそで風味付け 食べやすく
ブイヤベースには、色や香り付けにサフランを使いますが、今回は手軽に作れるようにみそを使用してみました。本場ではスープに、卵黄、オリーブオイルにすりおろしたニンニク、唐辛子を合わせた、ピリッとした味の「ルイユソース」を溶かして食べます。

和風ブイヤベース
【材料】(2人分)
魚の切り身…2切れ
有頭エビ…(大)3匹
イカ…60グラム
アサリ…200グラム
完熟トマト…1個
大葉…1枚
タマネギ…1/2個
みそ…30~40グラム
オリーブオイル…大さじ1
酒…1/2カップ
だし汁…2カップ

【作り方】
(1)タマネギをみじん切りする。トマトは皮をむき、さいの目に切る。魚は半分に切り4切れにする。エビのひげを切り、殻と殻の間に竹串を刺して背わたを取る。イカは輪切りにし、アサリは砂出しをする。
(2)鍋にアサリと酒を入れ、口が開くまで加熱する。
(3)別の鍋にオリーブオイルを入れてタマネギが透き通るまで炒め、トマト、エビ、イカを入れ色が変わるくらいまで炒める。
(4)(3)にだし汁、魚を入れ、あくを取りながら全ての材料に火が通るまで煮込む。
(5)(4)に(2)を入れ、みそを加える。
(6)器に入れ、千切りにした大葉を散らして出来上がり。
※リゾットに利用する場合はエビ1匹とブイヤベーススープを残しておきましょう。

_DSC4782.jpg凝縮された味生かしたアレンジ
残ったブイヤベースのスープは、ぜひ翌日の一品料理としてアレンジを。魚介のうま味が凝縮されており、ご飯を入れて煮込むだけなので調理の時短にもなります。パエリアやパスタのスープにも使えます。

簡単リゾット
【材料】(2人分)
ご飯…150グラム
ブイヤベーススープ…260ミリリットル
ピザ用チーズ…25グラム
ブイヤベースで使ったエビ…1匹
パセリ…少々

【作り方】
(1)ブイヤベースのエビを取り出し、殻をむいて刻み、ブイヤベーススープに戻す。
(2)鍋に(1)とご飯を入れて煮る。
(3)ピザ用チーズを入れて溶けたら器に入れ、みじん切りにしたパセリを散らして完成。

_DSC4765.jpgPoint! 朝食のみそ汁代わりとしてもお薦めです

教えてくれた人
ローカリズム推進楽会 「お魚、学ぶ講座」講師 伊藤 道恵さん

いとう・みちえ
2005年から広島中央卸売市場内の仲卸「山口屋水産」に勤務。毎月1回開講している「お魚、学ぶ講座」は、活魚を締めてさばくなど本格的な経験ができることでも人気

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧