そごう二橋さん マルシェで広島の魅力発信/キラリ人 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

そごう二橋さん マルシェで広島の魅力発信/キラリ人

この記事をシェア

そごう広島店 販売リーダー 二橋 友季子さん
にはし・ゆきこ 1991年千葉県出身。2015年そごう・西武に入社し、そごう千葉店を経て18年9月から現職

店内にマルシェ 広島の魅力発信
木を基調にした182平方メートルの売り場に、広島県内の食や暮らしをテーマにした特産品がずらり。そごう広島店(広島市中区)の二橋友季子さんは「広島は食も産業も豊かなまちです。魅力を発見し、産地に足を運ぶきっかけにしてもらえるとうれしいです」と、力を込める。
2018年9月に本館5階にオープンした売り場「ヒロシマルシェエット」の立ち上げメンバーの1人だ。「大崎上島マルシェ」「女性のための酒まつり」など、2週間ごとに企画を切り替える。いつ来ても新たな刺激に触れてもらえる売り場づくりに励んでいる。18年3月に地元の千葉から広島へ転勤になり、本プロジェクトチームに配属。企画を練る時は積極的に現地へ行き、生産者と交流し、ディスプレーの方法や接客に生かしている。「海、山、川が身近で、温かい人が多い広島の魅力にはまっています。県外出身者ならではの新鮮な視点で、魅力を発信したいです」と笑う。今ではすっかり広島通。「店にえっと(たくさん)良いものをそろえ、生産者とお客さまをつなげていきたいです」

キラリと輝く3マイルール
★1 常に笑顔
★2 感謝の気持ちを忘れない
★3 何事も楽しむ

info.
 2月2日までは宮島のしゃもじや無水鍋など、衣食住アイテムをそろえた「HIROSHIMA GOOD THINGS」。次回は地元クリエーターが作ったアクセサリーなどをそろえた「バレンタイン企画」を開催予定。問い合わせは082-225-2111(代表)

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧