【BLEU COFFEE ROASTERS】ぶらり新店巡り | アシタノ メインコンテンツにスキップする

【BLEU COFFEE ROASTERS】ぶらり新店巡り

この記事をシェア

ブリュー コーヒー ロースターズ
BLEU COFFEE ROASTERS(広島市東区)【2019.8 OPEN】

DSC_7797.jpg

あっさりとこく深さ調和

ガラス張りで店内がよく見えるコーヒーショップ。そのたたずまいは入りやすく、近所に住む人や、仕事の休憩に立ち寄る人が多いといいます。店内は白と青を基調とした爽やかな空間を演出しています。店主の吉光雄也さんは、東京のコーヒー専門店で働いた後、2年間、オーストラリアのメルボルンでコーヒー修業を積んで、地元の広島でコーヒー専門店を出店する夢をかなえました。
使用するオランダ製の焙煎機「ギーセン」は、他の焙煎機に比べ蓄熱量が多く、浅いりにしたときに熱をしっかりとコーヒー豆に伝えることができ、生焼けを防ぐことで滑らかな口当たりを生み出すのが特長です。そのため、メインとなるコーヒーは、コロンビアとグアテマラの豆をブレンドし、あっさりとしながらもこく深い一杯です。
また、オーストラリアやニュージーランドでは定番の「フラットホワイト」は、カフェラテよりも泡が薄く、一口目からミルク感が強めながらもエスプレッソがしっかりと感じられる人気の商品です。他にもカフェラテやエスプレッソ、カフェモカなどのメニューがそろうほか、焼き菓子も販売しています。

<まずはこの一杯>

「フラットホワイト」(450円)

丁寧にスチームしたミルクはエスプレッソのクレマで覆われ、エスプレッソの芳醇なこくと香りや、ミルクのシルキーな口当たりと自然な甘みが一口目から感じられます。

DSC_7833.jpg

・ 豆の種類/アラビカ種 産地/コロンビア、グアテマラのブレンド
・ 香り/甘い
・ 相性の良い食べ物/焼き菓子

DSC_7814.jpg

店主 吉光 雄也さん
「人気のフラットホワイトをお試しください!」

DSC_7788.jpg外観の淡いブルーのロゴと窓格子が目を引く。店名の「BLEU」はフランス語で「青」という意味

DSC_7850.jpgテークアウトが可能。エチオピア、ケニア、グアテマラなど。販売する豆は時期によって変わる。イートインと同じ値段で提供

DSC_7844.jpgバナナとクルミのパウンドケーキ「バナナブレッド」(230円)は、甘過ぎずコーヒーとよく合う

DSC_7862.jpg焙煎機「ギーセン」は、広島では珍しい店主お気に入りのマシン

<こちらもチェック>

【人気のコーヒーベスト3】
1 フラットホワイト(450円)
2 ドリップコーヒー(HOT400円/ ICE430円)
3 カフェラテ(HOT450円/ ICE480円)

【店内のBGM】
ジャズ

【店主が推すコーヒー店】
広島市内に2店舗ある「obscura」(オブスキュラ)です。東京の三軒茶屋に本店を構え、農家から直接仕入れる豆もあり、一杯一杯の質が高く、こだわりが強いです。

<SHOP DATA>
広島市東区愛宕町8-35 082-578-3303
営業時間/ 9:00~18:00
定休日/月・火曜 ※2/1、2/2は臨時休業

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧