出先でお好み焼き 堀川 大輔さん/キラリ人 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

出先でお好み焼き 堀川 大輔さん/キラリ人

この記事をシェア

「ほり川」社長 堀川 大輔さん

01.jpgほりかわ・だいすけ 1978年、竹原市生まれ。19年創業の「堀川醤油(しょうゆ)醸造場」、お好み焼き店「ほり川」社長。2011年から竹原市観光協会副会長

キッチンカー導入
出先でお好み焼き
酒かすを使った「純米吟醸たけはら焼き」が看板メニューの、竹原市本町の町並み保存地区に立つお好み焼き店「ほり川」の社長を務める。店舗以外でも焼きたての一枚を提供できるよう、1.5トントラックに鉄板や冷蔵庫などを備えた「キッチンカー」を2019年11月に導入した。「西日本豪雨では竹原も大きな被害を受け、観光客が激減。その時に、人が集まる場所に出向くスタイルを始めようと決めました。地元・竹原のPRも行い、災害などが起きた時には、避難所に行き、困っている人の力になりたい」と思いを語る。
11、12月には道の駅たけはらで定番の「そば肉玉」などを販売。本格的なお好み焼きの提供に客の反応も上々だったという。「地元だけでなく、広島県内や県外の街にも行きたいです。お祭りやイベントがあれば声を掛けてほしい」と意気込む。
築200年の蔵を改装した店舗は、アニメ「たまゆら」の主人公が行きつけにしている「お好み焼き屋 ほぼろ」のモデルとして、ファンの聖地になっている。「ファンを喜ばせることをいつも考えています。うちに来て、竹原をもっと好きになってもらいたい」とまちおこしにも力を注ぐ。「今年はたまゆら10周年の記念の年。竹原でも盛り上げていきたいですね」と笑顔を見せる。

キラリと輝く3マイルール
★1 謙虚であろうと思う
★2 勘違いしない
★3 自分の考えが全てだと思わない

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧