持ち家担保に老後資金確保/お金のマネジメント | アシタノ メインコンテンツにスキップする

持ち家担保に老後資金確保/お金のマネジメント

この記事をシェア

家計・お金に関する質問にファイナンシャルプランナーの石田知美さんがお答えします

Q 持ち家を利用して老後の資金を工面する方法を教えてください。(60歳女性)

持ち家担保に老後資金確保
高齢者が持ち家を有効活用して、金融機関から融資を受ける「リバースモーゲージ」が注目されています。自宅に住み続けながら住宅および土地を担保にお金を借り、死亡後に担保にした不動産を売却するなどの方法で返済をする制度です。毎月の返済は利息部分のみで、生活資金や有料老人ホームの入居金、教育資金などを準備できるのが魅力です。ただし、都市圏や市内中心部の戸建て住宅など、ある程度担保価値が高い物件しか利用することができないといった条件があるので、取り扱う金融機関などに確認してください。
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携したリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」は、生活資金には使用できませんが、住宅の購入やリフォームなどに利用できます。また、住宅ローンの借り換えにも利用できるので、月々の返済額を抑えられ、年金収入の多くを生活費として充てられます。金融機関が独自に行うリバースモーゲージとは異なり、全国の物件が対象で、将来売却が難しそうな郊外の物件でも利用できる場合もあります。
長生きをすれば、融資限度額まで使ってしまうなどのリスクもあります。子どもなど相続人ともよく相談のうえ、老後の資金確保の選択肢の一つとして検討してみるといいでしょう。

教えてくれた人
エフピイブレーン 取締役 石田知美さん
いしだ・ともみ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP。日本FP協会広島支部支部長。http://fp-b.com

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧