合同総研 代表取締役 兼 税理士 篠原 敦子さん/キラリ人 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

合同総研 代表取締役 兼 税理士 篠原 敦子さん/キラリ人

この記事をシェア

合同総研 代表取締役 兼 税理士 篠原 敦子さん

しのはら・あつこ 1983年広島修道大大学院修了。89年税理士登録。2009年父の事業を継ぐ

〝受信力〟大切に
相続の悩み解決
 広島市内を中心に700社以上の法人を顧客に持つ会計事務所の代表取締役兼税理士を務める。「税理士は税務の知識だけでなく、お客さまの悩みを聞き出す〝受信力〟が大切」とモットーを話す。
高齢化が進む中、相続に関わる相談を年間100件以上受けている。最初に財産状況や家族関係を聞き、遺産分割の計算や生前贈与といった節税対策などをアドバイスする。元気なうちに財産管理を家族に任せる家族信託の相談も多い。案件によって弁護士や銀行とも連携する。「税理士は身近に相談できる税のプロです。早めに対策しておくと家族間のもめ事も防げます」と呼び掛ける。
会社は2009年に亡くなった父から引き継いだ。男性が多い税理士の中で女性は2割以下と少数派。「資格を取っただけでは通用しない世界です。経験を積むほど実力と信頼が増すので女性も続けやすい。お客さまから相談して元気になったと言われるとうれしい」とやりがいを語る。
現在は中国税理士会の専務理事を女性として初めて任されている。「これまで仲間に助けられて成長してきました。自分の経験を地元の女性経営者にも伝えていきたいです」

キラリと輝く3マイルール
★1 マニキュアを欠かさない
★2 気持ちをすぐ切り替える
★3 書道で集中する

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧