幸せな気持ちになる優しいうそ/読者投稿 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

幸せな気持ちになる優しいうそ/読者投稿

この記事をシェア

〈投稿テーマ〉優しいうそ
 誰かを思ってつくうそは、包む込むように温かい。優しさあふれるお話です。


3歳児の気遣いに感謝
3歳の息子は、私と一緒じゃないと眠ることすらできないママっ子。そんな時、生後2カ月の妹が入院することになりました。病院へ行くことを伝えると、「大丈夫! 僕寂しくないよ」と抱きついてくれました。優しい思いやりと気丈な振る舞いのうそ。私は一生忘れません。(あん/32歳・広島市東区)

本当は痩せてないけど
孫娘が小学3年生の時、「優しいうそをついた」と小さな声で言いました。「優しいうそって何?」と聞くと、お母さんに「少し痩せたね」と言ったら、「本当?」と飛び切りの笑顔をしたのだと頰を真っ赤にして話してくれました。学校で良いうそと悪いうそがあると教わったから、本当は痩せていなかったけど優しいうそをついたそうです。(サザエさん/75歳・廿日市市)

 

失敗かばってくれた夫
結婚した当初、何もかも不慣れで失敗ばかりしていました。親戚の集まりでお吸い物のおわんを間違えてしまい、義理の祖父が「誰がこのわんを使ったのか」と激怒しました。すると夫が「俺が間違えたんだわ、ごめん」と明らかに分かるうそをついてかばってくれました。祖父も周りもそれ以上問い詰めることも責めることもありませんでした。夫の優しいうそに今でも感謝しています。(ドラム缶/38歳・呉市)

退院間近のお見舞い
病気で入院している時、退院間近に親戚や友人が「知らなくてごめんなさい」と言って来てくれました。ありがたいです。弱っている姿は見られたくないし、話をするのもしんどい時もあります。そっとしておいてくれるのはうれしい思いやりですね。(まろん/58歳・福山市))

編集室からひとこと
失敗をとっさにかばってくれたり、本当は寂しいのに大丈夫と言ったり…。相手を思って出た言葉は、心を癒やしてくれます。世の中には人を幸せにするうそが存在するのですね。

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧