佐賀とりっぷ(1/3) | アシタノ メインコンテンツにスキップする

佐賀とりっぷ(1/3)

この記事をシェア

春らんまんだから、出掛けたい!
佐賀とりっぷ
お楽しみの10連休が今月から始まります。今号の特集では、広島東洋カープの緒方孝市監督や長野久義選手の古里でもある九州・佐賀県をピックアップ。ゆかりの地と併せて、絶景、グルメ、温泉、体験と、春らんまんの陽気の中で楽しみたい佐賀旅をご案内します。

 

広島―佐賀のアクセス
■JRの場合 広島駅→新鳥栖駅(新幹線さくら 約80分)
■車の場合  山陽道・広島IC→中国道→九州道→長崎道・鳥栖IC(約3時間45分)

2.jpg

鳥栖(tosu)エリア

緒方監督の出身地を訪ねる
緒方監督が生まれ育ち、高校卒業まで暮らした鳥栖市。カープファン必見のゆかりのスポットへ。

 

フィッシュ金梅
緒方監督の実家が経営する鮮魚店。近海で水揚げされた市場直送の鮮魚やすし、総菜などが並びます。店内にはカープグッズや優勝シーンの写真が飾られ、まさにカープ愛に満ちたファンの聖地。近くには親戚の酒店もあります。

4.jpg

〈DATA〉佐賀県鳥栖市萱方町180 0942-82-2691

オススメ@佐賀旅

5.jpgお土産には地元の有明のりのつくだ煮が人気

「広島から何度も来てくださるファンの方もいて、うれしいです」と顔をほころばせるのは監督の叔母・末次協子さん

八起 京町店
創業は1937年ごろ。2代目店主の日山軍記さんが、JR鳥栖駅前の商店街にある小さな店舗で手作りのアイスキャンデーを作っています。中でも、あずきとミルクは不動の人気。地元の人たちの間では、部活やイベントへの差し入れに、まとめ買いするのも定番です。

7.jpg懐かしい甘さのキャンデーは1本100円~。緒方監督も部活の差し入れでもらって、食べていたそう

 

昭和30年代には多くのアイス屋さんが店を構えていたとか。店内に飾られた日山さんの絵画も必見!

〈DATA〉佐賀県鳥栖市京町792-36 090-9487-2607

9.jpgサガン鳥栖のマスコット・ウィントスのカラーに一新した「駅前不動産スタジアム」、通称「駅スタ」。7/13はサンフレッチェ広島戦です

基山(kiyama)エリア

自然に憩う屋外スポット
鳥栖から車で約20分。春を満喫するのにピッタリの場所。

基山草スキー
長野選手の出身地にある天然草スキー場。3~5月と9~11月限定で楽しめます。傾斜のある草の丘から、オリジナルの木製そりでビューン! 子どもから大人まで気軽に楽しめ、周辺でお弁当を広げることもOK。町内の遠足スポットなので、長野選手も訪れたかも!?
少し慣れると爽快! 木製そりのレンタルは1台300円(10~16時。プラスチックスキーや段ボール使用禁止)。土日のみ現地での貸し出し。平日の貸し出しについてはお問い合わせを

〈DATA〉佐賀県基山町小倉 0942-50-8226(基山町観光協会)

11.jpg草スキー場の近くには「佐賀県遺産」に認定された基山町の大興善寺があります。4月中旬~5月上旬には、鮮やかなツツジが見頃になります

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧