初めてのスマホ決済(1/3) | アシタノ メインコンテンツにスキップする

初めてのスマホ決済(1/3)

この記事をシェア

スマホ決済のすすめ
キャッシュレスでお得に生活
10月の消費税率引き上げに合わせ、国がポイント還元事業を開始するなど、「キャッシュレス決済」への注目が高まっています。特に、スマートフォンのアプリで決済するサービス(以下、スマホ決済)は、ポイント還元率が高いキャンペーン展開もあり、利用者が増えています。消費増税に伴う家計への不安を解消する手段として、スマホ決済にトライしてみませんか。

 

専門家に聞く

広島キャッシュレス推進家
大島雄一さん(広島市中区)

 

買い物スマート
ポイントも魅力
政府は2025年までにキャッシュレス決済の比率を、今の約20%から40%に引き上げる目標を掲げています。そのような背景の中、スマホ決済サービス事業者による各社のポイント付与合戦や消費増税に伴う政府のポイント還元制度などにより、スマホ決済の利用者は増えています。
一番のメリットは、やはりポイントがたまることです。還元率は各社で異なりますが、例えば「楽天ペイ」では最大5%の還元キャンペーンがあるなど、上手に活用すればお得に買い物ができます。
また、財布を持ち歩いたり、銀行からお金を引き出したりする必要がなくなります。小銭のやりとりが不要となり、スマートです。ほかにもアプリの履歴を見れば利用明細が確認できるなど、家計管理にも役立ちます。
ただ、アプリが立ち上がっていれば誰でも使えるので、スマホの扱いには十分注意してください。万一紛失した際の不正利用を防ぐため、スマホには必ずパスワードや生体認証の設定をしておきましょう。
スマホ決済は若い人向けの支払い方法と感じるかもしれませんが、年配の方も利用し、便利さを実感してほしいです。

三つの魅力
1)支払いのたびにポイントがたまる
2)スマホ一つで買い物ができる
3)購入履歴が簡単に確認できる

仕組みを知ろう!

支払い方法は3タイプ
スマホ決済は「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」「au PAY」「LINE Pay」などがあります。使える店やポイント還元率などに違いはありますが、基本的に決済の仕組みや使い方は変わりません。支払い方法として、事前にアプリに現金をチャージしておく「前払い」、銀行口座とひも付けし支払いのたびに口座から引き落とされる「即時払い」、クレジットカードなどとひも付けし1カ月分まとめて払う「後払い」の3タイプあります。
ポイントの基本還元率は、0.5~2%と各社でさまざまです。キャンペーンによってはさらに付く場合もあります。ポイント付与のタイミングは、LINE Payのように即時付くものもあれば、翌月20日前後になるなど各社によって差があります。
また、利用限度額も異なります。au PAYは、1回5万円未満(1日当たりの支払いは5万円を超えても利用可能)、LINE Payは1回100万円まで(本人確認後)などと違うので利用する際には注意が必要です。

2.jpg3.jpg

ポイント付与はいつ?
支払い後のポイント付与のタイミングは、即時や数日後、翌月20日前後などサービス事業者によって異なります。詳しくは利用するサービス事業者に確認してください

 

ポイント還元制度とは

来年6月まで 最大5%分バック
「ポイント還元制度」は、2020年6月末まで、キャッシュレス決済で支払えば最大で5%分のポイントが還元される制度です。還元率は、中小店や個人店が5%、コンビニなど大手フランチャイズチェーン店は2%です。対象店舗には、キャッシュレスのロゴマークが入ったポスターやステッカーが掲げられているので、買い物前にチェックしてください。詳しくは、キャッシュレス・消費者還元事業の消費者向けホームページ(https://cashless.go.jp/consumer/)で確認できます。

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧