毎日の家事、どうしてる?/読者投稿 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

毎日の家事、どうしてる?/読者投稿

この記事をシェア

〈投稿テーマ〉家事
 好きな人も苦手な人もいるようです。毎日のことだから、苦痛にならない程度に、こなしたいものです。

まるでクリーニング!
母は家事の中で、洗濯に強いこだわりがあります。服を傷ませないように手洗いして、しわにならないように配列よく奇麗に干し、アイロンがけをします。なので、わが家はクリーニングいらず。これこそプロの主婦ですね。(完璧主義/35歳・呉市)

シンク磨いてすっきり
家事は好きです。一日の終わりにシンクを奇麗に磨くと、とても気持ちがいいです。手の届かない高い所の掃除は、夫に頼みます。やってもらった後、褒めまくるとまたやってくれます。(ぺぺ/51歳・広島市安佐南区)

読者.jpg

楽する工夫 家族にも好評
かなりの面倒くさがりなので、できることなら家事はやりたくないです。スタンダードな方法では続かないので試行錯誤して、なるべく簡単な方法に変えました。すると子どもが手伝ってくれるようになりました。洗濯物は畳まず引き出しに放り込むだけ。ハンガーで干したらクローゼットに戻すだけ。戻す場所も洗面所とファミリークローゼット、台所の3カ所にしました。私が楽をするための工夫でしたが家族にも好評で、「お手伝い」という、うれしい効果もありました。(はらぺこ/37歳・東広島市)

食品ロスゼロで体重増
意識しているのは料理をする時に「食品ロス」をゼロにすることです。週に1度、1週間の献立を考えて買い物に行きます。畑で取れる野菜やいただき物があれば献立が変わるので、その都度、考慮して買います。でも、つい買い過ぎて、食品ロスゼロが私の体重の増加を手伝っている状況! もう少し考えなくては…。(座敷豚/52歳・東広島市)

編集室からひとこと
こだわりと誇りを持って取り組んだり、工夫して簡単にできるようにしたりしているようです。大事なことは、家事をしてくれる人に対して、「やって当たり前」と思わず感謝の気持ちを忘れないことですね。

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧