フォーマル装い 門出飾る/ファン ファッション(広島市中心部) | アシタノ メインコンテンツにスキップする

フォーマル装い 門出飾る/ファン ファッション(広島市中心部)

この記事をシェア

もうすぐ卒業式や入学式のシーズン。皆さんは、家族の門出に装うフォーマル服を持っていますか。王道のデザインや普段も着回せるスーツを並べる店のほか、胸元に着けるコサージュを扱う花店を巡りました。

【THE SUIT COMPANY(ザ スーツ カンパニー)広島店】
シャープな印象 仕事も兼用
 

学生から社会人まで幅広い年齢に合うスーツを販売しています。セレモニーにふさわしい服も男女共にそろいます。
 最近は「ビジネス兼用で使いたい」という女性が増えています。お薦めは、胸元が開いたVカラージャケット(2万3100円)に、タック入りのパンツ(1万2100円)を合わせたスタイル。シャープな印象で動きやすさも兼ねています。上下とも淡いグレーとネイビーがあり、組み合わせも楽しめます。

●①500DSC_0201.jpg仕事でも使える入学式向けのコーディネート。Vカラージャケットはウエストが高く、美しいシルエットが特徴

定番のデザインでは、紺の丸襟ジャケットに、タイトなスカートを合わせたセット(1万6500円)が人気です。ブラウスの色をブルーや白に替えれば印象が変わります。

●③500補正DSC_0034.jpg王道のフォーマル服は、膝が隠れる長めのスカートで上品に

男性は、ベスト付きのスーツが好評です。ジャケットを脱いでもきちんと見えるのが魅力。店長の岡村真吾さんは「小物を同系色で合わせると、おしゃれにまとまります」と話します。

●②500DSC_0100.jpg細かいチェック柄のスーツ(4万1800円)。ベストは光沢のあるグレーとのリバーシブル

THE SUIT COMPANY(ザ スーツ カンパニー)広島店
広島市中区八丁堀15―10
営業時間/午前11時~午後8時(土、日曜、祝日午前10時30分~午後8時)
無休
082(223)4122

【PURO BLANCO(プーロ ブランコ)】
花のコサージュ オーダーで

店内いっぱいに並ぶ生花とドライフラワー、白い壁面を彩るリースが目を楽しませてくれる花店です。1本から購入可能で、花束は3300円から用意してもらえます。洋服に着けるコサージュの注文も受けており、オーダーメードならではの個性的な品が好評です。

06.jpg白と淡いピンクを基調に、黄をポイントに使ったコサージュ

 

「コサージュを着ける服の色を聞き、希望のイメージに合うように考えます。来店される方なら、体形や顔立ちも見て、全体のバランスを意識します」と、オーナーの大野愛子さん。プリザーブドフラワーとドライフラワーを使って、1、2週間で仕上げます。「女性らしい流れを持つ、品のあるコサージュを作ろうと心掛けています。花のアクセサリーとして楽しんで」とにっこり。湿気とほこりに注意すれば、3月の卒業式と4月の入学式に続けて使うこともできます。価格は3300円~。
07.jpg2008年にオープン。季節の花やグリーンで彩られた店内

PURO BLANCO(プーロ ブランコ)
広島市中区橋本町7-1
営業時間/正午~午後7時(土曜は6時30分)
定休日/日曜、祝日
082(222)2230

【中川政七商店 広島パルコ店】
麻のドレスやジャケット 新鮮

麻織物を扱う店として、1716年に奈良で創業。伝統工芸や職人の技術を大切にしながら、現代に合った生活雑貨や衣類などを販売する雑貨店です。
 「麻の変わり織 サックドレス」(3万1900円)は、直線的なラインの長袖ワンピース。「ケープジャケット」(2万2千円)を羽織ったレトロな装いが新鮮です。どちらも、麻糸を束ねてざっくり織った、張りとつやのある生地を使っています。シンプルなデザインなので、カジュアルにも着こなせます。「特別な日はもちろん、普段も着てください」と、店長の野田純子さん。着るほどに生地が柔らかくなり、体になじみます。
中川①500DSC_0208.jpg生地に凹凸があり、見る角度で表情が変わる、ケープジャケットとサックドレス。黒とベージュがある

「フリルワンピース 四葉紋」(3万800円)は、胸元のフリルがアクセサリー代わりになり、1枚着るだけで華やかな印象です。
中川②500DSC_0071.jpg胸元のフリルと折り返した袖口に四つ葉模様をあしらったワンピース。薄墨のほか、黒、紺も


中川政七商店 広島パルコ店

広島市中区新天地2―1広島パルコ新館3階
営業時間/午前10時~午後8時
定休日/広島パルコに準ずる
082(569)7460

※商品は売り切れる場合があります
※新型コロナウイルス感染症の影響で営業時間などが変わる場合があります

この記事を書いた人

メディア中国編集部

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧