【竹原駅】格子見ながら町家歩き | アシタノ メインコンテンツにスキップする

【竹原駅】格子見ながら町家歩き

この記事をシェア

03.jpg
JR竹原駅から歩いて約15分。江戸時代の風情が漂う町並みには、製塩や酒造業で栄えた屋敷などが今も残り、ノスタルジーな気分に浸れます。映画やCMの撮影地となり「聖地」として話題にも。お勧めは「竹原格子」を見ながらの町家歩き。ハートや手裏剣形のような格子があるのでお気に入りを探してください。

【Navigate】
広島FMパーソナリティー
近藤 志保さん
竹原市生まれ。広島FM「近藤志保のDAYS!」(毎週月ー木 13:30~16:50)を担当。3月には音楽イベント「たけはらバンブーフェス」のアンバサダーを務め地元を盛り上げた

<食べる>
ヒロハウス
ボリューム満点の「定食」
1980年オープンの喫茶店。パスタなど「今日の定食」(950円)は、営業中いつでも注文できるボリューム満点の週替わりメニューです。近藤さん思い出の一品は中学のころから食べているという「えびドリア」(600円)。店主の水出隆弘さんが一つ一つ手作りし、今も変わらない味を提供します。01.jpg竹原市中央1-2-19  0846-22-5418

<買う>
末広堂
老舗のフィナンシェ人気
 創業87年の老舗菓子店。1番人気はフィナンシェ「竹の舞」(1個110円)です。しっとりと焼き上げられ、バターなど素材の風味が楽しめます。クリームチーズとつぶあんをサンドした「仲良しウサギのふわふわブッセ」(店頭価格1個220円)もお薦め。

竹原市中央1-2-4 0846-22-2299

<泊まる>
NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町
歴史風情漂う宿オープン
明治・大正期建築の古民家を改装した宿が町並み保存地区にオープンしました。客室は全10室。1棟貸し切りやメゾネットタイプなどさまざまです。風情ある雰囲気を楽しむためにテレビや時計は設置しない演出も。朝夕食付きで1人2万8000円〜(税サ別)。
04.jpg竹原市本町1-4-16 0120-210-289(VMG総合窓口)

 

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧