刺激的なカレー 夫婦で提供/キラリ人 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

刺激的なカレー 夫婦で提供/キラリ人

この記事をシェア

じわじわカレー店主 中 大輔さん

なか・だいすけ 1987年大阪府生まれ。スパイスの魅力を味わえるカレー専門店「じわじわカレー」(広島市佐伯区八幡2-24-40。火曜休み)を開店

趣味高じて専門店
スパイスにこだわり
イベントだけで提供するカレー専門店として人気を集めた「じわじわカレー」の実店舗を7月、広島市佐伯区に夫婦で構えた。
スパイスのうま味と刺激がじわじわと襲ってくるカレーは、病みつきになる味わいだ。定番のチキンカレーはスパイスを13種類使う。「爽やかなカルダモンやこく深いコリアンダーなど全ての風味を感じるように配合しています」とこだわりを話す。
小さい頃から卓球や音楽制作にのめり込んできた。19歳の時に母親と初めてインドカレーを食べて「未経験の不思議な味」に引かれ、カレー店の食べ歩きを始めた。その後スパイスの調合に興味を持ち、グラム単位で分量を変えるなど趣味で研究を重ねた。その結果「粒で使うかパウダーにするか、香りが最も立つのはどの行程で入れたらいいかなど、組み合わせとタイミングがかちっとはまるとうま味が増す」と特性をつかんだという。
調理の仕事の傍ら2015年からイベントに約80回出店。木をふんだんに使った店舗の内装は、イベントで知り合った人たちとDIYで仕上げた。「スパイスは鮮度が命。できたてのはじける香りを味わって」

キラリと輝く三つのマイルール
★1 考えることをやめない
★2 仕事は丁寧に
★3 家族4人で仲良く過ごす

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧