地域との絆深める広島大ホームカミングデ―/ぷちとりっぷ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

地域との絆深める広島大ホームカミングデ―/ぷちとりっぷ

この記事をシェア

東広島キャンパス ホームカミングデー
広島大の絆 結ぶ深まる
在学生や卒業生、教職員、地域の人たちが交流を深めるイベント「ホームカミングデー」が11月2日、広島大東広島キャンパスで開かれます。講演やステージイベントなど、多彩な企画を楽しみながら、学生気分でキャンパスを歩いてみませんか。

1.jpg
鶴太郎さん講演やオペラ
サタケメモリアルホール周辺が、ホームカミングデーのメイン会場です。広島大吹奏楽団によるウエルカム演奏の後、オープニングセレモニーが行われます。ホームカミング広場では、広島大と連携協定を結ぶ広島県内の市町や福島県がブースを出店。学生によるステージイベントもあります。注目はタレントで画家の片岡鶴太郎さんによる講演会。お笑いや俳優、ボクシングなどマルチな才能を発揮する鶴太郎さんが、「流れのままに」と題して語ります。
大学を身近に感じられるのが、研究発表や体験イベントです。教育学部・教育学研究科はオペラを上演、文学部・文学研究科は留学生がそれぞれの出身地のスイーツやドリンクで来場者をもてなします。キャンパスから約10㌔離れた東広島天文台での「観望会」(先着50人・バスで送迎)も人気企画の一つ。国内有数の大きさを誇る光学赤外線望遠鏡を使って、月や木星、土星を見ることができる貴重な機会です。

2.jpg

5.jpg写真はいずれも前回までの様子

第13回広島大ホームカミングデー
開催日/11月2日(土)10:10~
場所/広島大東広島キャンパス(東広島市鏡山1-2-2)
問い合わせ/082-424-6015(広島大校友会事務局)

構内に開店 充実のドリンク
大学構内に5月オープンした「one cafe」は、一般の人も利用できるカフェです。豪華なキャンプを意味するグランピングをイメージした店内は、テントやソファ、ベンチ、植物などが配され、開放感にあふれた空間。コーヒーや紅茶、メロンソーダ、タピオカなど、ドリンク類が充実していて、地元の人気ベーカリーのパンやサンドイッチも提供しています。土、日曜、祝日が定休日ですが、ホームカミングデー開催日は営業しています。

6.jpg「黒糖みるくタピオカ」(550円)
7.jpg自動車教習所の受付カウンターや留学生サポートデスクも併設

one cafe
東広島市鏡山1-7-1
営業時間/9:00~17:30(L.O17:00)
定休日/土、日曜、祝日
082-426-5600

【寄ってみよ!】
ボリューム満点「ドカン焼」
広島大生や地域の人たちに愛されているお好み焼き店です。お好み焼きの生地やだしに地酒「福美人」の仕込み水を使い、押さえつけずふんわり焼き上げています。男性には、普通の倍の麺と肉、野菜と、ガーリックライスが入った「ガッツリドカン焼」(1150円)、女性には写真映えする「半熟卵チーズ」(950円)が人気です。府中焼きやホルモンうどんも好評。月に1回、学生団体によるジャズの生演奏も行っています。

8.jpg肉玉そばにチーズ入り半熟卵を載せた「半熟卵チーズ」

お好み 真心デイズ
東広島市西条下見5-5-42
営業時間/11:00~14:00、17:30~23:00
定休日/なし
082-421-2209

 

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧