エコ素材 バッグや服に採用/広島おしゃれ手帳 | アシタノ メインコンテンツにスキップする

エコ素材 バッグや服に採用/広島おしゃれ手帳

この記事をシェア

ファッションに関する質問にセレクトショップ店長の中野愛さんがお答えします

Q.環境に配慮した商品は?
エコ染色を使用のデニムワンピース

エコ素材 バッグや服に採用
最近耳にする「サステナビリティ」という言葉。「持続可能性」という意味で、自然環境の維持に役立つ事業や環境に配慮した行動などに使われます。
ファッション業界でもサステナビリティを意識した動きが進んでいます。衣服を作る過程で生じる汚染水や温室効果ガス、衣服に毛や革を使うための動物の大量処分などを問題視。ハイブランドがレザーを使わず、エコな素材を使って服やバッグを作っています。いち早く取り組んだのがステラ・マッカートニー。アイコンバッグの「ファラベラ」シリーズは、エコレザーを使用。裏地にはペットボトルをリサイクルした素材を使って、おしゃれなだけではないブランドの信念が伝わるバッグになっています。
定番アイテムではデニムは欠かせないと思います。私が勤務するアクセでは、デニムを世界に発信するJAPANDENIMプロジェクトで、環境に配慮した生地開発に取り組んでいます。エコ染色の技術を使用し、二酸化炭素の排出量削減などを意識した商品です。今後、環境に配慮した商品から目が離せません!

2.jpgステラ・マッカートニーの人気バッグ「ファラベラ」

教えてくれた人
パリゴ広島店 店長 中野 愛さん
なかの・あい 岩国市生まれ。広島市中区にあるセレクトショップの店長。店頭での接客のほか、ショーウインドーのディスプレーや広報などを担当。http://acces-hiroshima.parigot.co.jp/

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧