おうち時間 雑貨で豊かに/ぷちとりっぷ(広島市中区本川町周辺) | アシタノ メインコンテンツにスキップする

おうち時間 雑貨で豊かに/ぷちとりっぷ(広島市中区本川町周辺)

この記事をシェア

思うように外出できない日が続いています。家で過ごす時間を豊かにしてくれる食器やインテリア雑貨などを探して、広島市中区本川町周辺の3店を訪れました。

 

※新型コロナウイルス感染症の影響で営業時間などが変わる場合があります

ピエラロッキ

マグカップ 丸い形状でなじむ

本川町電停そばのビルの3階にある雑貨店です。陶芸やガラス、木工など、作家の手による器や生活雑貨が並びます。

一つ一つ表情が違う出嶋さんのマグカップ。珍しいのは、手前右の織部と奥右のイエロースリップだそう

グラデーションが美しい降幡さんの食器(2200円~)。一輪挿しなどの鳥シリーズも人気

丸いフォルムで手になじむマグカップ(3520円)は、廿日市市の陶芸家、出嶋正樹さんが手掛けたもの。焼成中の窯の中に重曹を投入し表面に付着させる、ソーダ焼成という技法を用いて制作しています。つやや風合いが一つ一つ異なる、個性ある器に仕上がります。

「これからの季節は、ガラス作品も多く入荷します」と橋本さん

長野県を拠点とする降幡未来(ふるはた・みき)さんの作品は、マットな質感と独特の色合いが特徴です。中でもお薦めはオーバル皿(3080円~)。お菓子とカップを載せたり、数種のおかずを並べたりと使い勝手がよく、食卓のアクセントになります。店主の橋本定幸さんは、「作り手の労力が正当に評価され、なおかつ使い手が買いやすい価格で販売していきたい」と力を込めます。

(難波亮子)

店名
ピエラロッキ
住所
広島市中区本川町2―5―12-3階
営業時間
午前11時~午後5時
定休日
水曜
問い合わせ
050(3559)7505

AIR P℃KET.(エアポケット)

おばけのオーナメント 遊び心

オリジナルの生活小物や家具を販売しています。オーナーでデザイナーの大畠祐介さんは「シンプルで使いやすく、ありそうでないようなデザインを提案したいと思っています」と話します。制作は、外部の職人に依頼しています。

「おばけのオーナメント」は、木の種類によって色が変わる。マグカップは3色

木製の「おばけのオーナメント」(1650~2200円)は、プレゼントに人気。大きさはL、M、Sがあり、LはLewis(ルイス)、MはMark(マーク)、SはSimon(サイモン)と、遊び心のある名前が付いています。「モンスターのモチーフが好きで、マークのような形にデザインしました」

「店では100点近い商品を扱っています」と大畠さん

新作の陶器のマグカップ「MUG3(マグスリー)」(2860円)は、どっしりして、丸い持ち手が特徴。「新作を作るペースは遅いですが、作るものに責任を持ち、長く使ってもらえるものを目指しています」。オーダーメードの椅子やテーブル、家の表札も手掛けています。

(宮地佳代)

店名
AIR P℃KET.(エアポケット)
住所
広島市中区十日市町1―5―5
営業時間
午前11時~午後7時(緊急事態宣言期間は午後6時まで)
定休日
火―木曜
問い合わせ
082(234)4838

sofa HIROSHIMA(ソファ ヒロシマ)

ネズミキャラの食器 ほっこり

本と雑貨のコーナーのほか、カフェやレンタルスペースもあり、用途に合わせてゆっくり過ごせる店です。お薦めの食器は、絵本作家レオ・レオニが描くネズミのキャラクター、フレデリックをあしらった「マグカップ」と「プレート」(各1320円)、「カフェボウル」(1430円)です。「幅広い世代に愛されるキャラクターなので、ティータイムがほっこりするのでは」と、店長の片山千秋さん。

フレデリックが描かれた食器を紹介するスタッフの小出正彦さん

 

ハーブの栽培セット、ミント(左)とバジル

おうち時間を充実させるアイテムとして、ハーブの栽培セット「DELISH GARDEN(デリッシュガーデン)」(935円)も人気です。種類は、ミントとバジル。容器の中の土に種をまいて、水やりをして育てます。片山さんは、「育てる楽しみはもちろん、ちょっとしたインテリアにも。葉を摘んで料理に添えると、ぐっとおしゃれになりますよ」と話します。

(田中美奈子)

店名
sofa HIROSHIMA(ソファ ヒロシマ)
住所
広島市中区基町6-78パセーラ3階
営業時間
午前10時~午後8時(緊急事態宣言期間は午後7時まで)
定休日
パセーラに準じる。カフェは20日まで休み
問い合わせ
082(225)8220
この記事を書いた人

メディア中国編集部

関連タグ

関連記事一覧