紳士服売り場でシーンに合わせた提案/輝くワークママ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

紳士服売り場でシーンに合わせた提案/輝くワークママ

この記事をシェア

輝くワークママ(No.18)
ビジネスマンの服飾担当 シーンに合わせた提案を
ゆめタウン廿日市 販売 森木怜子さん(41)廿日市市Profile もりき・れいこ/2001年、北九州市立大を卒業し、同年イズミに入社。広島県内外のゆめタウン店舗、および経理部門などの業務も経験した後、現在は「ゆめタウン廿日市」紳士服売り場で採寸やコーディネート提案、商品販売を担当する。夫と6歳の長男、3歳の長女の4人暮らし。

地域の人に愛されるスーパーの存在に引かれて
2001年に大学卒業後、イズミに入社しました。現在は「ゆめタウン廿日市」で衣料品の販売を担当しています。
大学時代のアルバイト経験からスーパーを身近に感じたこと、また地域の方に長らく頼りにされているイズミの歴史に引かれ、この仕事を選びました。今までに広島県内外のゆめタウン各店舗への配属を経験し、経理やサービスカウンター業務といった衣料品販売以外の部門も担当。結婚後は勤務地域を限定するエリア社員を選択し、自宅から通える範囲の店舗で働いています。
会話の中から思いをくみ取りイメージを形に
紳士服売り場のスーツやシャツ、ネクタイなどを取り扱うビジネス部門を担当しています。お客さまからシーンに合わせたコーディネートを相談されることが多く、数ある中から提案した商品を気に入っていただく姿を目にすると、やはりうれしいです。希望も好みもさまざまなので、会話の中から細かな思いをくみ取り、そこに近づけることを大切にしています。春は紳士服売り場に来られる方も多いシーズンです。一人一人に合うものを、丁寧に伝えていきたいと思います。
育児休暇の期間は子育てと学びの時間に
現在は育児短縮勤務制度を利用して勤務しています。私は土・日曜も出勤の日があるため、夫が進んで育児や家事をやってくれます。2度の育児休暇中は、子育てと並行して通信講座を受講。出産前にサービスカウンターで外国人向けの免税対応を行っていたことから、もっと容易に会話の聞き取りができるように英語のリスニング講座で勉強しました。また、最初の育休中の2年間で家を建てたことも大きな出来事です。土地探しに始まり銀行やハウスメーカーとのやりとり、完成後には表題登記の図面作成も自分たちで行うなど、今までとはまた違う経験と勉強ができました。育休を利用して子育て以外のことにも取り組んだことで、復帰後はより広い視野と意欲を持って働くことができています。
出産前と変わらず仕事には全身全霊で取り組んでおり、仕事への熱意はむしろ子どもを産んだ後の方が強くなっています。社内の育児関連の制度、夫や家族のサポートを含めて働ける環境に感謝しながら、これからも向上心を持って一つ一つの仕事に取り組んでいきたいと思っています。

マイブーム
近場から遠方まで家族でお出掛け
家族で公園やイベント、旅行などに出掛けること。北九州市の「いのちのたび博物館」は恐竜の全身骨格標本の展示があり、子連れで行くのにお薦めです。

思い出を共有するフォトブック作り
好みの写真を選ぶだけで簡単に作れるのが魅力です。旅行や誕生日などの記念日の思い出を、両親や親族にも見せやすいのがいいなと感じています。moriki-sab.jpgフォトブックを祖母に見せた際、とても喜んでくれたためそのままプレゼントしたそう。それ以降、両親や親族と共に見ることも増えたのだとか

ある日のタイムテーブル
6:40 起床
7:15 家事、子どもの支度、朝食
8:20 子どもを保育所へ
9:00 業務スタート
16:30 退社
17:30 帰宅
18:00 保育所へお迎え
19:15 夕食、入浴
21:30 寝かし付け、家事
23:45 就寝

〈取材協力〉ゆめタウン廿日市 廿日市市下平良2-2-1 0829-34-1311

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧