心と体癒やす良質な睡眠/豊かな暮らしに+α | アシタノ メインコンテンツにスキップする

心と体癒やす良質な睡眠/豊かな暮らしに+α

この記事をシェア

心と体癒やす良質な睡眠
心と体のバランスが崩れやすくなるこの時季は、しっかりと睡眠を取って疲れを癒やしたいものです。良質な睡眠を取るためには眠る前のリラックスが大切。今回は、自律神経を整え、快適な睡眠をもたらす方法を「いのうえ内科脳神経クリニック」(広島市中区)院長の井上健さんに教えてもらいました。また、「タワーレコード広島店」(広島市中区)が推薦する就寝前に聴きたいCDも要チェックです。自律神経整え 眠りの質向上
睡眠は状態によって2種類に分けられます。体は休んでいても脳は覚醒に近く眠りが浅い状態の「レム睡眠」と、体と脳の両方が休んでいる「ノンレム睡眠」です。一晩の間に、この二つの睡眠が約90分周期で交互に出現。睡眠が進むほどレム睡眠の割合が多くなり、脳を覚醒させる準備に入ります。そして快適に目覚めることができるタイミングが訪れます。
睡眠の質を上げるためには、自律神経のバランスを整えることが大切です。熟睡とは、体を回復させる方向に働く自律神経の一つである、副交感神経が優位になり、リラックスしてゆっくり眠っている状態。心身の疲れを解消し、細胞の修復が行われる大切な時間です。就寝前にストレスを解放し、すっきりした朝を迎えましょう。

教えてくれた人/いのうえ内科脳神経クリニック 院長 井上 健さん

〈DATA〉広島市中区舟入川口町5-7 082-233-0747

ストレス解放の3STEP

STEP 1398711-PCOH1E-688.jpgドリンク
鎮静と癒やしの作用があるハーブティーがお薦め。就寝1時間前から、ティーカップ1杯分を時間をかけて飲みましょう。体が温まるホットミルクやしょうが湯も効果的。

STEP 2611973-PNHO4G-753.jpg香り
心を落ち着かせる効果がある香り。眠る前に、催眠作用があるオレンジスイートなどの精油を寝室にたいたり、ラベンダーやイランイランといった鎮静効果のある入浴剤を入れたお風呂に漬かったりと、香りの力を借りるのも有効です。

STEP 3headphones-parchment_23-2147781437.jpg音楽
眠る前にリラックスできる音楽を流すのも効果的。歌詞が入っていない、ゆったりとした曲調の音楽は、眠気を誘ってくれます。クラシック音楽のほか、川や雨などの自然音の音源もお薦め。

これもCheck
安眠促すCD3選
_DSC8792_1.jpg折重由美子「魔法の毛布-究極の眠りの周波数-」(ユニバーサル ミュージック)
広島出身のクラビオーラ奏者の美しいサウンドにより、毛布で優しく包まれるような感覚に。

_DSC8798.jpgアリス=紗良・オット 「ナイトフォール」 (ユニバーサル ミュージック)
世界的ピアニストによる、フランス印象派音楽の作品集。サティやドビュッシーなどの静かで穏やかな名曲がそろいます。

_DSC8802.jpgTOMOYA NAKA 「SUN」(introducing!productions)
広島出身の作曲家兼ピアニスト。大自然の森をほうふつとさせる曲が特徴。ピアノの優しい音色とタッチでリラックスできます。

選んでくれた人/タワーレコード広島店 ジャズ・クラシック担当 荒牧千尋さん

〈DATA〉広島市中区新天地2−1 広島パルコ新館9階 082-240-0063

目覚ましアプリ
Sleep Cycle(iPhone、アンドロイド)
起床時間をセットすれば、眠りの浅いタイミングを狙って起こしてくれる無料の目覚ましアプリ。曜日別睡眠時間や直近3カ月分の就寝時刻などをグラフでチェックできるのも便利です。なかなか寝付けないとき用に、睡眠導入BGMも用意されています。

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧