リメークで活用 ショップバッグ/豊かな暮らしに+α | アシタノ メインコンテンツにスキップする

リメークで活用 ショップバッグ/豊かな暮らしに+α

この記事をシェア

リメークで活用 ショップバッグ
洋服などを買ったときにショップでもらう、ブランドロゴなどが入ったショップバッグ(紙袋)。何か使い道がありそうな気がして保管している人も多いはず。今回はショップバッグを使ったリメーク術を紹介します。ティッシュケースやアート風の額装など、ちょっとした工夫でインテリアとしてアレンジできます。

Idea 01 ティッシュケース
お気に入りの柄でおしゃれに
どうしても生活感が出てしまうボックスティッシュ。お気に入りの柄のショップバッグで作ったケースに入れるだけで、おしゃれなインテリアグッズに早変わりします。作り方は簡単なので、飽きたら別の柄で作り替えて、気分に合わせて楽しみましょう。
DSC_8326.jpg【材料】ショップバッグ、ボックスティッシュ、パンチ、はさみ、マスキングテープ、リボン
【作り方】(1)ショップバッグののり付けを剝がして開き、ボックスティッシュが包めるぐらいの大きさにカットする。持ち手部分も外しておくDSC_8330_1.jpg
(2)裏返した(1)の中央にボックスティッシュを置き、紙の左右を5センチくらい内側に折り込む。折り込んだ部分がボックス上面にくるように包み、内側から紙の左右をマスキングテープで留める(包む際にはボックスのサイズよりも少し余裕を持たせておく)DSC_8334.jpg
(3)ボックスティッシュを取り出し、パンチでリボンを通す穴を開けるDSC_8343.jpg
(4)再びボックスティッシュを入れて、(3)で開けた穴にリボンを通し、左右それぞれ結んで出来上がり。ティッシュの取り出し口用の穴を開ける必要がないので、とても簡単。さらにショップバッグの持ち手のひもでリボン飾りを作り、グルーガンなどの接着剤で留めてもかわいいDSC_8354.jpg

DSC_8276.jpgIdea 02 ガーランド
糸に引っ掛けるだけ
ロゴがきれいに入るように意識しながら、二等辺三角形に切り取り、上部分を少し折って糸に引っ掛けるだけ。ショップバッグは紙が厚手なので、飾り付けしやすいのもポイント。モノトーンならスタイリッシュに、クラフト紙を使えばアンティーク調に仕上がります。

DSC_8290.jpgIdea 03 フレームパネル
額装でモダンアート風
見せたい柄の部分をフレームの大きさに合わせてカットし、中に入れるだけで、モダンなアートのように洗練されたインテリアに。フレームは、バッグの大きさに合わせて100円均一ショップなどで購入するのがお勧めです。

DSC_8297.jpgIdea 04 キッチンペーパーホルダー
使いやすい場所につるして
キッチンペーパーが縦に納まる大きさの袋を用意し、バッグのサイド面のペーパーを引き出す部分に切り込みを入れます。切り込みは同色のマスキングテープを貼って補強を。バッグの持ち手(ひも)をそのまま生かしているので、使いやすい高さの位置につるせばとても便利。DSC_8318.jpgキッチンペーパー3ロール入り

\教えてくれた人/DSC_8382.jpg紙デコ教室 まりまりはうす ペーパークリエイター 土居あきよさん
一人でも多くの人に手作り(クラフト)の楽しみを伝えたいと、ペーパークリエイターとして活動。日本ペーパーアート協会ペーパーアートシニアマスター講師。主な活動は、東急ハンズ広島店(広島市中区)やサンモール(同)などのフォトブース設営、結婚式場装飾、百貨店や公民館での講習など

〈取材協力〉紙デコ教室 まりまりはうす  090-1350-1018 marimarisan.1216@gmail.com

 

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧