広島市中心部のタピオカ旋風/ぷちとりっぷ | アシタノ メインコンテンツにスキップする

広島市中心部のタピオカ旋風/ぷちとりっぷ

この記事をシェア

広島市中心部 台湾名物で一服
タピオカ旋風 個性店が続々
台湾スイーツとして知られるタピオカドリンクのブームが続いています。広島市中区にも、豊富なカスタマイズが人気のカフェや自家製タピオカが自慢の専門店など、個性的な店が次々とオープン。飲み比べを楽しみましょう。

01.jpg
好みに合わせカスタマイズ
世界に約1500店舗を構える台湾ティーカフェ「ゴンチャ」が7月、中四国地方初出店となる紙屋町シャレオ店をオープンしました。提供するお茶は、厳選した茶葉ごとに抽出時の湯温や時間を変え、風味と鮮度にこだわっています。また、幅広いカスタマイズも魅力の一つ。ベースとなるお茶にトッピングや甘さ、氷の量などを組み合わせ、自分好みのドリンクを楽しめます。人気は「ブラック ミルクティー+パール(タピオカ)」(Mサイズ・529円)。紅茶の味わいをしっかり感じられるミルクティーは、優しい甘さのタピオカとの相性も抜群です。
02.jpg人気の「ブラック ミルクティー+パール(タピオカ)」(手前)

03.jpgゴンチャ 紙屋町シャレオ店
広島市中区紙屋町2 地下街シャレオ201
営業時間/10:00~22:00(L.O21:45) ※混雑状況により早めに終了する場合あり
定休日/不定
082-546-3224

04.jpg「紫芋ラテ」(左)と「台湾ミルクティー鉄観音」

紫芋ラテ 程よい甘さ
そごう広島店本館に8月オープンしたのが、台湾茶とタピオカ専門店「TEA 18」です。黒糖で味付けしたタピオカを使用したタピオカドリンク(391円〜)は、甘い香りの鉄観音やすっきりとした味わいの緑茶、こくのあるアッサム紅茶など種類が豊富。ムラサキイモの程よい甘さを生かした「紫芋ラテ」(451円)は、鮮やかな色が写真映えすると女性から人気を集めています。タピオカの他にも台湾発祥のゼリー愛玉子(オーギョーチ)や仙草ゼリーをトッピングできます。
05.jpgTEA 18 そごう広島店
広島市中区基町6-27 そごう広島店本館地下1階
営業時間/10:00〜20:00
定休日/そごう広島店に準ずる
082-836-4786

粉から手作り 出来たて提供
7月にオープンした「台楽茶(たいらくちゃ) 広島本通り店」では、毎日店内で粒状のタピオカパールを自家製造しています。粉から手ごねで作った出来たてのタピオカは、つるつるとした舌触りともちもちの食感が特徴。直径60センチの中華鍋で沖縄産黒糖のシロップと絡め、上品な甘さに仕上げています。ドリンクは「沖縄黒糖ミルク」(626円)や「アッサム紅茶ミルクティー」(594円)など6種類あります。
06.jpg1番人気の「沖縄黒糖ミルク」

 

台楽茶 広島本通り店
広島市中区本通2-21
営業時間/11:00〜19:00(土、日曜、祝日は10:00〜21:00)
定休日/なし
082-258-3939

 

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧