南インド香る カレーの木/イラストコラム | アシタノ メインコンテンツにスキップする

南インド香る カレーの木/イラストコラム

この記事をシェア

カレーの木

02.jpg
5種をまぜまぜ「味変」楽しむ

新鮮スパイス 南インド香る一皿
小麦や生クリームは使わず、油分も少量。ヘルシーな南インドカレーにはまり、「カレーの木」(広島市中区)に通っています。店主の矢田一樹さんが東京の専門店で1年間、知識や技術を学び、2019年4月に開店。ひきたての新鮮なスパイス約20種で本場の味を再現しています。
ランチタイムは、辛さと肉のうま味がマッチした「ポークビンダル」や、豆と野菜で作る「サンバル」など個性豊かな5種が並ぶ「定食セット」(1232円)がお薦め。最初はそれぞれを味わい、ご飯の上で数種類を混ぜながら味の変化(味変)も楽しめます。刺激的な辛味、奥深い甘味、うま味、酸味など新たな味の登場にワクワク。
代謝や肝機能を高めるスパイスが多く使われ食後は体が芯からポカポカに。胃がもたれないのもうれしいポイントです。
03.jpg

【ポイント】
・本場スタイルでまぜながら食べて。パパドの食感もGOOD
・ヨーグルトを足すと風味倍増
・夜はお酒に合うスパイシーな総菜も

【DATA】南インドカレー食堂 カレーの木
広島市中区中町1-4-2階
070-3155-5082
OPEN/11:30~15:30、 18:00~21:00
定休日/水曜日+不定休


末永朋子

すえなが・ともこ 広島市在住のライター、イラストレーター。訪れた人が幸せな気持ちになれる、愛にあふれた店をイラストコラムで描く。モットーは、受け取った人の明日が、より豊かになる情報発信

この記事を書いた人

末永朋子(メディア中国/ライター・イラストレーター)

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧