個性光るディープな広島(3/3) | アシタノ メインコンテンツにスキップする

個性光るディープな広島(3/3)

この記事をシェア

足を運びたい郊外スポット

<日本酒 巡り>
01.jpg七つの蔵元が集中 利き酒も
広島市から電車で約40分。東広島市西条地区は、兵庫県の灘、京都府の伏見と並び、日本三大酒どころとして知られています。JR西条駅の1キロ圏内には、七つの蔵元が集中。白壁の蔵やれんが造りの煙突が並び、風情ある町並みが広がっています。土日曜、祝日を中心に酒蔵を開放する蔵元もあるので、見学や試飲に立ち寄ってみましょう。
02.jpg華やかな色合いの「フルーティ飲み比べセット」

西条酒蔵通りの東側にある「賀茂泉酒造」は、米と米こうじだけで造る純米酒を戦後に復活させたことで知られる蔵元です。敷地内には、週末をメインに営業するアンテナショップ「酒泉館」があり、賀茂泉酒造が醸した約20種類のお酒を利き酒できます。蔵出しの原酒「幻の酒壺」(200円・50ミリリットル)は、ここでしか飲めないレア酒です。女性に人気なのが「フルーティ飲み比べセット」(550円)。酵母の力でピンクに色付いた「COKUN」と、紀州南高梅を純米原酒に漬け込んだ「純米梅酒」、フルーティーな香りの「純米大吟醸生酒」の3種類が味わえます。気に入ったお酒は店内で購入でき、お土産にもぴったりです。
また、併設の「藍泉館」では「天然灰汁(あく)発酵建て」という伝統技法を用いた藍染め体験(要予約)ができます。天然原料を使った藍染めは、深みのある美しい青が特徴。ハンカチ染めの所要時間は約30分(千円)なので、気軽に挑戦できます。
03.jpg洋館を改装した「酒泉館」
04.jpg店内の椅子は酒だるを再利用

<DATA> 酒泉館
東広島市西条上市町2-4
営業時間/10:00〜17:00営業日/土日曜、祝日(休館の場合があります) 082-423-2021

 

<もみじまんじゅう体験>IROHA village
05.jpg
焼きたて 驚きの食感
五日市港エリアにある「IROHA village」は、もみじまんじゅう製造の老舗「藤い屋」が展開する複合施設です。工場にカフェやベーカリー、ショップを併設。土の中からせり出したような建物を囲むように農作物を育てる畑があり、里山のような雰囲気も感じられるスポットです。
1日平均5万個のもみじまんじゅうが作られる工場を窓越しに見学でき、土日曜、祝日にはガイド付きツアー(200円・前日までに予約)も実施しています。スイーツスタンドでは、焼きたてのもみじまんじゅうを限定販売。生地の表面がサクッと香ばしく、通常のもみじまんじゅうとは異なる食感と味わいに驚くはずです。
06.jpg畑では小麦や小豆などを有機栽培
07.jpg藤い屋の全商品を購入できる

<DATA> IROHA village
広島市佐伯区五日市港2-1-1
営業時間/10:00〜18:00 定休日/なし 082-943-6603

関連タグ
  • 登録されているタグはありません。

関連記事一覧